最速で結果を出したい人必見!目標設定には欠かせない9のポイント。

ブログ

これまで何か目標を立ててもうまくいかなかったという人の中には、以下のようなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 

「自分にはセンスがないから目標が達成できない」
「今回は運がなかっただけ」
「失敗しすぎて次に進む勇気が出てこない」

 

確かに目標を決めて努力をしたとしても達成できないことはあります。

 

ですがそれは決してあなたのセンスがないとか運が悪かったことが原因ではないのです。

 

「目標をなかなか達成できない」という多くの人は正しい目標設定ができていないだけという場合がほとんどです。

 

本記事では

  • ”正しい”目標設定の仕方
  • 目標を設定した後にするべきこと

の2つを具体例と一緒にお伝えしていきます。

 

この記事を読むことで正しい目標設定の仕方を理解することができるようになり、結果を出すまでのプロセスを細部まで組み立てることができるようになります。これからあなたが目標設定で悩むことは一切なくなるでしょう。

 

興味がある方はぜひご一読ください。

スポンサーリンク

正しい目標設定までの7の過程

person writing on white paper

目標設定にはきちんとした過程があります。

  1. どんな目標か
  2. いつまでに
  3. なぜ達成したいのか
  4. ゴールからの逆算
  5. 目標を細分化
  6. 最高のシナリオを用意する
  7. 最悪のシナリオも用意する

1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

どんな目標か(目標の具体化)

目標設定の一番基本的な部分になります。
あなたが達成したいのがどんな目標なのか。

ここが抽象的で言葉で説明できなければ目標を達成することはできません。

具体例としては「大学に受かるために英語の成績を現状から合格最低点まで上げる」のような形です。

いつまでに(期限を決める)

明確な期限がないと人間はいつまでたっても行動に移すことができません。

しかしここで重要なのが期限はいくつか設けるべきということです。

なぜなら、期限を1つに絞ってしまうとおそらくほとんどの人がその期限のぎりぎりまで行動しません。夏休みの宿題がいい例です。

期限は決められているけど、ぎりぎりまで手を付けられない。

具体例としては「1週間後までに英単語帳を6割覚える・2週間後までに8割・1か月後には9割9分覚える」のような形です。

なぜ達成したいのか(理由を明確にする)

人は明確な成果物(目標を達成することで得られるもの)がはっきりしていないと頑張ることができません。

「この目標を達成しても何が得られるかはわからないけど頑張ってね」といわれてその通りに頑張ることができますか?

普通はできないですよね。

まずは「何が得られるか」を明確にしましょう。

具体例としては「英語の勉強を頑張って成績が上げることで希望の大学に入ることができ、留学など将来の選択肢が増える」のような形です。

ゴールからの逆算

目標を達成できないという人のほとんどは現在地から目標までの地図を作ろうとしています。何をしていいかが分かりづらく、目標を達成できない原因の1つです。

正しい目標設定では、必ず「ゴールから逆算」して計画を作ります。

具体例としては「大学受験が2月だから遅くても12月の時点で合格最低点に到達している必要があるな。12月で合格最低点を達成するためには10月から過去問やったほうがいい。過去問を解くために9月までには~」のような形です。

目標を細分化

「大学に合格する!」のように1つしか目標を設定しなかった場合、それを達成するまで自分が正しい方向に進めているか確認することができません。

しかし、目標を細分化することで自分の進捗状況を簡単に把握することができます。

具体例としては「大学合格!」ではなく「単語帳覚える・問題集を終わらせる」のように設定し、それをこなした結果大学に合格するという形です。

最高のシナリオを用意する

最高のシナリオを用意しておくことで自分のモチベーションアップにつなげましょう。

「だめかもしれない…」のようにネガティブなことばかり考えていては、上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます。

具体例としては「志望大学に入学できたら自分のやりたいことがすべて叶う環境を手に入れられる!」のような形です。

最悪のシナリオも用意する

最悪のシナリオを用意することで、不測の事態にも対応できるようにしておきましょう。

せっかく頑張っているのにたった1つの問題のために目標が達成できない、なんてことが起こってしまっては取り返しがつきません。

具体例としては「何かの影響(病気など)で問題集が終わりませんでした、だから未達成です。何てことにならないように予備日を設けておく」のような形です。

スポンサーリンク

目標設定をした後にすべき2のこと

man and woman holding hands on street

ここまでくれば目標設定はほぼ完璧です。「ほぼ完璧→完璧」にするために以下の2つのことをしましょう。

  • 達成経験者に話を聞く
  • 覚悟を決める

1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

達成経験者に話を聞く

何事も独学で進めるよりは達成経験者に体験談を聞く方が効率がいいです。

なぜなら話を聞くことで、その人が失敗したポイントを先に把握することができて、自分が同じミスを犯さずに済むからです。

学校の先生や塾の先生、親など誰でも構ません。自分の目標を実際に達成したことがある人に話を聞きましょう。

覚悟を決める

最後にきてマインド面ですが、やはり重要です。

「なんとなく大学に受かりたいな」と思っている人と「必ずこの大学に受かってやる。受からなかったらもう就職だ!」と思っている人だったら、後者の方が自分に対してストイックですし、目標を達成しようと必死になります。

覚悟の差で結果が変わることなんてざらにあります。

次、目標を設定する際には、覚悟を決めて本気で取り組むことを決心しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

目標設定を疎かにして自分の願いをかなえることはできません。

でも、逆に言えばきちんと目標設定をすることで結果を出せる可能性が高まります。ここまで読んでくださった方はイメージできると思います。

私も以前は目標設定を疎かにし、上手くいかないことが多々ありました。

ですが原因を分析し、一つ一つ改善していくことで目標を達成することができるようになりました。

ぜひ参考にしてみてください。

このブログは開設から10日で広告収入を得るためのgoogleアドセンス取得。 そこから30日で170,000PVを集めました。収益は初月から50,000円以上です。 運営者のこぶたんは普通のサラリーマンです。 日中は仕事ですが、短期間でこの数字を達成しました。 また、ブログと別にネットビジネスで月に20万円以上の副収入を得ています。 稼ぐためのノウハウを別サイトで公開してきましたが、 このブログに来てくれた方に発信しようと思います。 Add Friend 興味がある方は、LINE@に登録してみてください🐷

コメント

タイトルとURLをコピーしました