小出義雄監督入院先で死去!高橋尚子は?死因?残した言葉 大人は…

芸能

マラソンでQちゃんこと高橋尚子さんの監督をしたことなどでしられる
小出義雄さんが2019年4月24日に亡くなったそうです。
80歳でした。

平成の終わりに、平成を代表する指導者の死去。
平成の終わりを感じるニュースですね。

小出義雄さんのご冥福をお祈りするとともに
彼のこれまでの軌跡をまとめて起きたいと思います。

スポンサーリンク

小出義雄さんの経歴

名前:小出義雄(こいで よしお)
生年月日:1939年(昭和14年)4月15日
出身地:千葉県佐倉市

順天堂大学体育学部で箱根駅伝に3年連続で出場。
1965年に順天堂大学を卒業後、保健体育の教師となり、
千葉県内の公立高校で教鞭を振るったそう。

1986年に、市立船橋高校を「全国高校駅伝」で優勝へ導きました。
2年後の1988年に教員を辞めて、リクルート・ランニングクラブの監督に就任します。
9年後の1997年にリクルートを退社し、積水化学工業の女子陸上競技部監督に就任。
2001年にSAC(佐倉アスリートクラブ)を設立。
翌年には席空き化学工業を退社し、佐倉アスリートクラブに専念。
2019年3月に指導者を勇退されたばかりでした。

スポンサーリンク

小出監督 死因は

小出義雄さんは今年の3月に指導者を勇退される際の報道をみると、心臓の手術を受けたことがあったようです。

指導者引退も、心臓の病気を含む体調不良が原因だったのでしょうか。
指導者引退は、3月末で指導を委託されていたユニバーサルエンターテインメントとの契約が終了したことを区切りにしたとされています。

 関係者によると、3月末で04年から選手指導を委託されていた実業団のユニバーサルエンターテインメントとの契約が満了。近年は入退院を繰り返して現場に出る回数も減っていた。過去には心臓の手術を受けたこともあり、体調面も踏まえて決断したという。01年に自身が設立した佐倉ACの代表は今後も続ける。

出典:https://www.daily.co.jp

小出義雄さんの死因は肺炎で、千葉市内の病院で亡くなったそうです。

告別式やお別れの会についてはまだ報道が出ていません。
平成を代表するマラソン指導者だけに
告別式やお別れの会には多くの人が参列することでしょう。

情報が出次第、こちらのブログでも追記させていただこうと思います。

スポンサーリンク

小出義雄さんの育てた選手 有森裕子 高橋尚子 など

小出義雄さんは、女子マラソン選手の育成に手腕を発揮しました。
排出した選手は名だたる大物ぞろいです。

小出義雄さんの育成スタイルは
褒め言葉で選手のやる気を伸ばすこと。
また、個人に合ったメニューで
その選手のいいところを伸ばす指導法だったようです。

20年も30年も先をいく指導スタイルで
注目を集めていたみたいですね。

書籍も多数出版しています。
それほど、彼の指導法は注目を集めていたんですね。

小出監督は積水化学工業で鈴木弘美さんを
世界選手権金メダルに導いたり
教員時代には、鈴木秀夫、河合美香らの育成にもたずさわっています。

日本女子マラソンで、オリンピック初のメダルを獲得した
有森裕子さんや
初の金メダリストとなった、高橋尚子さん(Qちゃんの愛称でしられた)も、小出監督の教え子でした。

有森裕子さん

リクルート時代に小出監督が育てたのが有森裕子さんです。
彼女は1992年のバルセロナオリンピックで銀メダル、
1996年のアトランタオリンピックで銅メダルを獲得しています。
有森裕子さんは女子マラソンで日本人初のメダリストとなりました。

高橋尚子さん

Qちゃんの愛称で知られる高橋尚子さん。
彼女は2000年のシドニーオリンピックで、女子マラソンで金メダルに輝きました。日本人女子マラソン史上初の快挙です。
この時の小出監督の存在感はおおきかったですね。
小出監督は、高橋尚子さんが2005年に独立するまで
二人三脚と称されるほど密に指導していました。

今回の小出義雄さん死去のニュースは、2人をはじめ
指導を受けた教え子たちにも
ショックを与えたことでしょう。

小出義雄さんの死去に際し
彼らがどのようなコメントを出すかにも注目が集まります。

スポンサーリンク

ネットの声

小出義雄さん死去のニュースについて
ネットの反応をまとめてみました。
小出監督を惜しむ声が多くみられました。

ネット上でも小出義雄さんは、高橋尚子さんの指導者としての印象が強いようで
”Qちゃん”や”高橋尚子さん”の名前が多くみられました。
日本人、女子マラソン初の金メダリストを育てたことは
我々の記憶に強く刻まれているようです。

また、『大人は子供の未来に責任を持たないといけない。』
という発言を例に出して
池袋の事故の話を引き合いに出す人もいました。

スポンサーリンク

まとめと考察

小出義雄さん死去のニュースは
平成の終わりを感じさせるニュースになったと思います。
80歳という年齢は、現代ではまだまだ元気な方も多いです。
小出義雄さんも、佐倉アスリートクラブの代表には
残っていたことから
まだまだ陸上界、マラソンに携わっていたい気持ちが大きかったのではないでしょうか。

そして、令和の時代を迎えるのを楽しみにしていたことと思います。

彼の活躍をもっとみたかった人もいたと思うので
亡くなられてしまったことはとても悔やまれますね。

間も無く平成も終わり、令和へと時代が移り変わる中での
小出義雄監督死去のニュースでした。

このブログは開設から10日で広告収入を得るためのgoogleアドセンス取得。 そこから30日で170,000PVを集めました。収益は初月から50,000円以上です。 運営者のこぶたんは普通のサラリーマンです。 日中は仕事ですが、短期間でこの数字を達成しました。 また、ブログと別にネットビジネスで月に20万円以上の副収入を得ています。 稼ぐためのノウハウを別サイトで公開してきましたが、 このブログに来てくれた方に発信しようと思います。 Add Friend 興味がある方は、LINE@に登録してみてください🐷

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました