ジェイコブ・スティーブン ウィルソン香子さん殺害の夫 顔画像は?

事件

東京・千代田区の裁判所で、離婚調停中だった妻を刺して殺害したアメリカ人の夫が、殺人の疑いなどで逮捕された。

アメリカ人のジェイコブ・ウィルソン容疑者(32)は3月20日、東京家庭裁判所の1階玄関で、離婚調停中だった妻のウィルソン香子さん(当時31)の首を刃物で刺して、殺害した疑いなどが持たれている。(出典:https://sp.fnn.jp/)

東京家庭裁判所前で離婚調停中の妻ウィルソン香子さんを殺害したとして、ウィルソン・ジェイコブ・スティーブン容疑者殺人容疑で警視庁に逮捕されました。

スティーブン容疑者は、事件発生の3月20日に殺人未遂容疑で現行犯逮捕されていましたが、自分の手をナイフで切ったため入院。

警察はウィルソン容疑者を釈放し、退院を待って、改めて逮捕しました。

果たしてどんな人物なのか。顔画像や動機、そして事件の背景である離婚調停に迫ってみます

スポンサーリンク

ウィルソン・ジェイコブ・スティーブン容疑者の顔画像は?動機は?

報道されているウィルソン・ジェイコブ・スティーブン容疑者のプロフィールは以下の通りです。

名前:ウィルソン・ジェイコブ・スティーブン

年齢:32歳

国籍:アメリカ国籍(米国籍)

職業:会社員

住所:東京都板橋区小豆沢

事件発生時の報道で、ウィルソン香子さんのFacebook写真が公開されました。その際には子供とウィルソン・ジェイコブ・スティーブン容疑者にはモザイクがかかっていましたが、そのモザイクをとった画像がこちらです。

身柄確保の際の映像も流れていましたが、見比べてみましょう。

同一人物ですね。

動機に関しては、ウィルソン・ジェイコブ・スティーブン容疑者は「弁護士が来てから話す」などと言っているそうです。

しかし、離婚調停中だったことを踏まえると、香子さんと離れたくなかった、離婚が不満だった、とも想像できますよね。

スポンサーリンク

ウィルソン香子さんの顔画像は?元ポールダンサーって本当?

報道されているウィルソン香子さんのプロフィールです。

名前:ウィルソン香子

年齢:31歳

職業:無職

住所:埼玉県所沢市元町

報道されている顔画像はこちらです。

スティーブン容疑者と住所が違うのは、別居していたからでしょう。ネット上では元ポールダンサーでは?という情報もありますが、確かなことはわかりません。

スポンサーリンク

事件の概要。逃走し、灯油やライターも?

報道されている事件概要は以下の通りです。

ウィルソン容疑者は、逃走時に自分の手を刃物で刺し、入院していた。

ウィルソン容疑者は、裁判所に離婚調停のため訪れた香子さんの予定を調べて、待ちぶせていたとみられる。

警視庁の調べに対し、ウィルソン容疑者は、「弁護士から説明を受けてから答える」と話しているという。(出典:https://sp.fnn.jp/)

事件直後、ジェイコブ容疑者は家庭裁判所前から逃走し、日比谷公園まで逃げています。

確保されたときには折りたたみナイフ4本のほか、

灯油やガソリンのような液体の入ったペットボトルを複数所持していたほか、ライターも持っていたそうです。

ネットの目撃情報には「ガソリンの臭いがした!」という書き込みも。

もしかしたら、灯油を香子さんにかけて・・・なんて考えたら恐ろしいですね。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

ネット上の反応を集めてみました。

「君を殺して僕も死ぬ!は通じないよ今の時代」

「奥様が本当にかわいそう。こんな男に捕まらなかったら今頃・・・」

「子供がいるんだよね?残された子供がかわいそう・・・」

「灯油は自殺のためじゃない?最後自分の両手首を切ってるみたいだし」

「奥さん1人殺すのに、いったいどんだけ凶器持ってるんだよ・・・」

「なんで離婚調停の日を知ってたの?私も離婚協議したけど、旦那の来る日は一切秘密にされていたよ?」

さまざまな声が上がっていますが、気になるのは離婚調停のくだりでしょうか。ここをもう少し考察してみます。

スポンサーリンク

「離婚調停中」の事件であることを考察

今回のような夫婦の場合、離婚調停は通常、お互いが裁判所に来る日は知らされません。

協議も夫婦が顔を合わせることはほとんどなく、夫婦はそれぞれの裁判官や代理人弁護士との協議を重ねます。

これは、離婚調停中に夫婦が顔を合わせることで感情的になったり、事件に発展するのを防ぐためです。

しかし、今回ジェイコブ容疑者は何らかの方法で香子さんの協議の日を知り、裁判所の入口で香子さんを待ち伏せしていました。

ジェイコブ容疑者は、SNSに「妻が連れ去られた」かのような内容を投稿するなど、少し危険な様子があります。こういう場合はなおさら、夫婦を一緒にしてはいけません。

ナイフを複数本所持し、灯油のような液体も準備していたことから、入念に準備し、香子さんに危害を加えるつもりだったことが容易に想像できます。

愛情があったからこそ、恨みも深くなる。

離婚調停というナイーブな状況下であるからこそ、気を使う必要があります。夫婦の形も多様化し、離婚も珍しくない時代だからこそ、こうした事件に対する対策が必要になると思います。

このブログは開設から10日で広告収入を得るためのgoogleアドセンス取得。 そこから30日で170,000PVを集めました。収益は初月から50,000円以上です。 運営者のこぶたんは普通のサラリーマンです。 日中は仕事ですが、短期間でこの数字を達成しました。 また、ブログと別にネットビジネスで月に20万円以上の副収入を得ています。 稼ぐためのノウハウを別サイトで公開してきましたが、 このブログに来てくれた方に発信しようと思います。 Add Friend 興味がある方は、LINE@に登録してみてください🐷

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました