サイトや記事、LPへの無限集客botの作成方法【Twitterの裏技】

サイトや記事、LPへの無限集客botの作成方法【Twitterの裏技】 SNSマーケティング

平均月収490万円

最高月収1150万円

どうも、カトユキです。

今回はTwitterをbot化して、見込み顧客を無限に集客するシステム作りを解説します。

誰でも簡単に作成することができて、フォロワーは0人でOK。

複雑なスキルも、長期的な努力もなく1日でサクッと作って放置したまま、半永久的に集客を続けるbotです。前置きを長々書いても仕方がないので、さっそく説明に入ります。

スポンサーリンク

某テレビ局の女子アナウンサーが自宅に遊びに来ました。テレビ局所属なので本業・副業ともに仕事ではなかなか協力をお願いしづらいけど、いつか仕事も一緒にしたいですね。

おそらく男性ならみんな知っているAV女優と行きつけの麻布のバーを貸切で飲みにも行きました。最近はSNS活動の方が本業になってきているようで、知名度が上がった反面こうして飲みにいくには自宅か貸切くらいしか行きにくいようです。

Twitter検索を活用する

「フォロワー0でどっから集客するんだよ」と思った方もいるのではないでしょうか。

その答えは「Twitter検索」です。

Twitterの検索が非常に面白いのは「全文一致検索」で、一番よく利用される新着検索はSEO的な要素がなく、作ったばかりのアカウントもフォロワー100万人のYouTuberも同じ扱いです。

このTwitter検索のもう一つの特徴が、「生の声が検索される」ことです。

Google検索だと、いまやアフィリエイト記事しか出てこないじゃないですか。恣意的になにかを売ろうとする記事より、実際のユーザーの声、体験談を聞きたいときに使われます。

また、体験談を見たい時って迷っている時や困っている時、ヒントを求めている時なんですよね。ネガティブなワードが検索されるんです。

「他の人はどうしてるんだろう」と考えながら検索します。

例えば、暑くなってきてマスクが鬱陶しいと感じた時に、「マスク 蒸れる」「マスク 汗やばい」などと検索します。他の人はどう対処しているのか知りたいのです。

ここがSEOと大きく違う点です。Google検索では通常、「マスク オススメ」「マスク 暑い時 対処法」などで検索して、Googleがニーズに合わせて検索結果を表示してくれるのを期待しますが体験談を求める際は全く違う検索傾向があります。

ここで、「マスクが蒸れる時期は、冷感マスクがオススメですよ」って記事がヒットしたら・・・。

そうです。アフィリエイト記事にマスクが蒸れる悩みを解決したい人を呼び込むことができます。

Twitter検索は「全文一致検索」。検索されそうなワードを見繕って、先にツイートを仕込んでおけばリンク先に誘導が簡単にできます。

もちろん他のツイートが次々出てきてしまうので、botとして同じツイートを定期的に流していくのが重要です。

競合の多いキーワード=よくツイートされているキーワードだったらアカウントを複数作って毎日ツイートされるようにしてもいいし、あまりツイートしている人がいないキーワードでしたら週に1回、月に1回流れるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

無限集客のためのキーワード選定

それでは実際にどういうツイートを作ればいいか解説します。

例えば、リリースされて間もないマッチングアプリ「カトユキマッチ」のアフィリエイト記事を書いたとします。マッチングアプリの記事なんて世の中に溢れすぎていて、SEOで上位を取るのはかなり厳しい戦いになります。

また、カトユキマッチ自体がまだ知られていないので、このキーワードを入れてもそもそも誰も検索していません。

そこで、

アプリ名
・ペアーズ
・Pairs
・Tinder
・ティンダー
・東カレ
・with
など20アプリほど

マイナスキーワード
・会えない
・クソ
・ドタキャン
・微妙
・ヤリモク
など10キーワードほど

プラスキーワード
・彼氏できた
・ヤれた
・会えた
・次回デート
・次回アポ
など10キーワードほど

を選出して、アプリ名×キーワードでそれぞれツイートを作ります。

20×20で400ツイートになるので、例えばアカウントを3つ作って、1日2ツイートずつさせるとします。

以下はツイートの例です。

【男性っぽいアカウント用】(Tinder × ドタキャン)

Tinderでドタキャンされ続けたからムカついて別のアプリに変えてみたら普通に会えて草

ここで紹介されてるアプリわりとよかった。ほかのアプリも開拓するか~

<カトユキマッチ・アフィ記事URL>

【女性っぽいアカウント用】(ペアーズ × ヤリモク)

ペアーズ、会った男またヤリモクだったわ

新しく始めたとこの方がちゃんとした人に会えてるの謎だなと思ったら審査ちゃんとやってるっぽい

<カトユキマッチ・アフィ記事URL>

まだ使ってる人数少ないけどここだけでいい気がしてきた~

【プラスキーワード用】(Dine・ダイン × 次回デート)

Dineの子と次回デートの約束して解散した
ダインの子は奢られ慣れてるから毎回高くつくのが難点・・・

最近始めたここはまだ女の子の数は少ないけど、課金も少ないし今のところ安く会えてるし、コスパはいいかもしれない

<カトユキマッチ・アフィ記事URL>

このようなツイートを400パターン作成します。

(実際には複数キーワードを1ツイートに盛り込めるので、200ツイートくらいに収まると思います。)

こうすることで、今のマッチングアプリに不満がある人、「他の人は本当に会えてるの?」と疑問を感じている人、いい人に会える確率を上げる手段を探している人に「カトユキマッチを試してみませんか?」とオファーすることができます。

スポンサーリンク

botの作成方法

ツイートさえ作ったら、あとはbot化です。

使うのは以下のような無料ツールで構いません。

twittbot - enjoy
誰でも簡単に twitter の bot を作成できるサービスです。twitter のアカウントを自動で操作できます。

こういうツールとbotにしたいアカウントを連携し、ツイートさせたいものを入れていくだけです。アカウントを新規で作成する場合、いきなりURL付きのツイートばかりを流してはロックや凍結されてしまうので、作成後少し寝かせたり、使ってないアカウントを再利用したりする方が無難になります。

また、ツイート回数は1日1~2回に抑えておきましょう。回数が多いとシャドウバン=検索結果に表示されなくなってしまう可能性があります。たくさんツイートしたい場合はアカウントを複数用意する方が無難です。

スポンサーリンク

アカウントは適当でいい

「アカウントを見て同じようなツイートばかりしていたら怪しくない?」

「プロフィールを整えたりたまには普通のツイートをした方がいいの?」

と疑問を抱く方もいるかもしれません。

アカウントは適当で構いません。

ツイートを見て、アカウントのプロフィールまで飛ぶ人ってほとんどいないんです。私が運用しているbotでも、例えばリンクが30回踏まれたツイートでプロフィールに飛んだ人は2人だけ。ほとんどの人はわざわざプロフィールを見たりしません。

スポンサーリンク

最大のメリットは自動で稼働し続けること

この手法のもっとも優れているところは、一度作ってしまえばあとは完全放置でいいことです。

ブログを始めた初期に作って放置しているものがいくつかありますが、いまだにささやかながら収益が上がり続けています。久々にツイートを確認したら、どのツイート数人~数十人ずつは集客し続けています。

ブログメディアに流しているものが、仮に商品が売れなくても滞在時間も長くなってSEOにも良い影響を与えてくれています。noteの販売などにも活用できるし、法人のサービス誘導にも十分使えると思います。

ちなみに、読んでいて気づいた人もいるかもしれませんが、この手法だと不十分な部分があります。

私がブログを始めた初期にしかこのスタイルのbotを作っていないのも、その後は改良版の手法を導入したからです。

あと少し発展させると、もっと絶大な効果を示すようになります。

メルマガ内のクローズドな場所でこっそり書いていく予定なので、よかったら以下のフォームから登録してみてください。それでは!

公式メルマガ・WEBマーケの本質と裏技

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました