稀勢の里 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも

大相撲
日本相撲協会は3日、1月の初場所限りで引退した元横綱稀勢の里(現荒磯親方)の特別展を東京・両国国技館内の相撲博物館で23日から6月14日まで開催すると発表した。化粧まわしや締め込みなどが展示される。
(出典:https://www.nikkansports.com/)
元横綱、稀勢の里寛の特別展が4月23日から開催されます。
久々の日本出身横綱として、ブームを巻き起こした稀勢の里。引退して荒磯親方となった現在もその人気は健在のようです。
これまではメディアへの露出は控えめで、インタビューでも寡黙な印象が強かった稀勢の里ですが、荒磯親方として活動するようになった現在はあちこちで話題を作りました。
今回は引退後の荒磯親方の活動を調べてみました。
スポンサーリンク

初のCM出演!警備に出るだけでニュースに

大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)がCMデビューを果たした。
8日公開のソフトバンク「白戸家『福引当たる』篇」で女優上戸彩らと共演した。荒磯親方は商店街の福引の店員として、堂々とした演技を披露。1等のニューヨーク家族旅行を当てた白戸家を「大当たり~」と笑顔で祝福した。
ソフトバンクは制作エピソードとして、荒磯親方を「初めてのCM撮影にもかかわらず、堂々とした演技で、白戸家の皆さんとのやりとりもとてもスムーズでした」と紹介している。
(出典: https://www.nikkansports.com/)
3月8日に、初のCMデビューを果たしました。
出演したのはソフトバンクの人気CM「白戸家シリーズ」。長年にわたって多くのファンがいるCMですね。大人気のお父さん犬との共演を果たしました。
現役時代の真面目なイメージとは一転。親しみやすいキャラを披露。お父さん犬にツッコミをいれられるシーンがネットでも話題になりました。
大阪場所初日の3月10日には親方としての初仕事も。
  •  
大相撲春場所初日(10日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)1月の初場所限りで引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方が、本場所での初業務をこなした。幕内後半、西の花道での警備にあたり土俵を見守った。 弟弟子の大関高安の白星は「安定感がある」とし、大関とりに挑む貴景勝も「いい相撲。問題なかったね」。会場内には現役時代の等身大パネルと来場者が書き込む寄せ書き用のボードが設置され、「たくさんのメッセージをいただきありがたい」と感謝した。
(出典: https://www.sanspo.com/)
当日はファンからの呼びかけや写真撮影の依頼がひっきりなしに続いたそうです。1月場所までの大人気横綱が警備に出たので、来場したファンにとっては一大イベントです。
しかし、どれだけ大人気の元横綱でも親方としては新米。しっかりと初仕事をこなしたようです。ジャンパー姿が新鮮でしたね。
3月場所前には横綱・白鵬にスーツ姿を「似合ってる」と褒められる一幕もありました。
スポンサーリンク

本場所で初解説、明快なしゃべりを披露

元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が初めて、NHK大相撲中継の解説を務めた。力士時代とは一転した滑らかな口調で、各力士の特長などを説明。約2時間の役目を終えると、ツイッターなどでは明快な解説を絶賛する声が相次いだ。
(出典: https://www.nikkansports.com/)
春場所7日目の3月16日には、初の大相撲中継の解説も。現役時代のインタビューでは口数少ない稀勢の里でしたが、荒磯親方としての解説はひと味違ったようです。
現役時代は聞けなかった各力士への印象も話題を呼びました。
3月場所で大関昇進を決めた貴景勝については、
「腰の強さ、腰の決まり方。なかなかこういう突き押しの形っていうのは珍しい。ちょっと四つ相撲のような腰つき。しっかり相手に入り込んで、ロックして逃さない。非常に珍しい突き押し。その安定感がすごい出ている。どんどん下からあおられて入ってくるので、自分の体が起きてくる。四つ相撲で寄られているようだった」
とコメント。押し相撲を得意とする貴景勝のスタイルをわかりやすく分析しました。
また、所属する田子ノ浦部屋の大関・高安については、
 「彼の左四つはおそらく角界で一番強いと思います。これっていうものをしっかり決めた上で流れでいけばいい。これっていうものを決めて、しっかり当たるのが大事」。欠点として腰高を指摘されることもあるが「これが高安の相撲です。高安が頭を下げて、膝を曲げて押したら、力はないと自分は思っております。これが一番力が出る状態です」と持論を口にした。
弟弟子への信頼と愛情が垣間見えました。同部屋で横綱と大関だった2人は仲が良く、現役時代もたびたび話題になっていました。
スポンサーリンク

部屋は持つの?

大相撲の親方というと、相撲部屋を持って、若い力士を育てて…というイメージですが、荒磯親方はまだ自分の部屋を持っていません。
現在は「部屋付」親方として、田子ノ浦部屋でかつての弟弟子たちに指導をしています。
通常、新しく親方となった場合は、現役時代の所属部屋に部屋付親方として指導をしつつ、自分の部屋を興す準備を数年かけて進めます。
荒磯親方も、当面は高安ら弟弟子たちに稽古をつけながら荒磯部屋を設立する準備を進めることでしょう。
さて、稀勢の里といえば、たびたび「先代の師匠」と口にしていました。
先代とは、旧鳴戸親方(元横綱・隆の里)です。
角界で一番の猛稽古で有名でしたが、尊敬する先代のように厳しい指導方針となるのか、それとも荒磯親方流の指導方針となるのか、今から要注目です。
スポンサーリンク

まとめ

稀勢の里は幕の内昇進から大関までは出世が早く、久々の日本出身横綱への期待が高かった一方、横綱になるまでにかなりの期間がかかりました。
大関時代は10勝5敗に収束する、ここ一番で勝負弱いイメージもありましたが、持ち前の頑丈さで休場がほとんどなかった力士です。
年間最多勝と初優勝で横綱に昇進しましたが、1場所しか優勝していないことを「日本出身横綱を輩出したい協会の贔屓」のようにいわれることもありました。
そんな重圧をはねのけるように横綱としての最初の場所で快進撃を続けましたが最後は元横綱・日馬富士との対戦でけが。
テーピングを巻き、ほとんど片手で当時大関だった照ノ富士を破り、連続優勝を果たしました。
しかし、その代償は大きく、けがの再発や休場を繰り返すようになり、復活できないまま短命の横綱として土俵を去りました。
間違いなく相撲人気再燃の立役者ですね。
今後は荒磯親方として、大相撲を引っ張っていってくれると期待しています。
このブログは開設から10日で広告収入を得るためのgoogleアドセンス取得。 そこから30日で170,000PVを集めました。収益は初月から50,000円以上です。 運営者のこぶたんは普通のサラリーマンです。 日中は仕事ですが、短期間でこの数字を達成しました。 また、ブログと別にネットビジネスで月に20万円以上の副収入を得ています。 稼ぐためのノウハウを別サイトで公開してきましたが、 このブログに来てくれた方に発信しようと思います。 Add Friend 興味がある方は、LINE@に登録してみてください🐷

コメント

  1. […] 稀勢の里 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも … 小野田紗栞 彼氏画像流出で炎上?江ノ島デートで卒業を間もなく発表?アイドルグループ「つばきファクトリー」の小野田紗栞さんと、彼氏と思われる男性のデートをしている画像が流出し、話題になっています。 江ノ島で一緒に写った写真や、ミスドで一緒に過ごす動画がネット上に出回り、ファンの間では炎上騒ぎになってい…cheetah-sokuho.com2019.04.11 […]

  2. […] 稀勢の里 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも … スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  3. […] 稀勢の里 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも … スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  4. […] 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも】 稀勢の里 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも … スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || […]

  5. […] 稀勢の里 元横綱は引退後も人気健在!荒磯親方としてCMや解説デビューも … スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

タイトルとURLをコピーしました