トランプ大統領が総理大臣杯授与?大相撲5月場所観戦で異例の外交策

大相撲
5月下旬に予定されているトランプ米大統領の来日をめぐり、大相撲観戦が日程に組み込まれ、米国側が優勝力士への内閣総理大臣杯の授与役をトランプ氏が担いたいとの意向を日本政府に伝えていることが11日、政府関係者への取材で分かった。(出典:https://www.sankei.com/)
なんと、5月に来日し、大相撲5月場所を観戦予定のアメリカのドナルド・トランプ大統領が幕内最高優勝力士に内閣総理大臣杯を授与する可能性が浮上したそうです!
実は以前、こんな記事も書いています。
こちらも合わせて読んでいただけたらと思います。
トランプ大統領は新元号最初の国賓として迎えられる予定です。
その際には新天皇陛下との会見や、安倍晋三内閣総理大臣とのゴルフも予定されています。
大きなイベントめじろおしですが、このタイミングでさらに大きなニュースが入ってきました。
大相撲観戦を楽しみにしていたというトランプ氏ですが、外国元首による総理大臣杯の授与は極めて異例らしいです。
土俵には安倍晋三首相とともに上がるとみられます。
いったいどういう狙いがあるのでしょうか。
また、トランプ大統領が内閣総理大臣杯を授与する役目を担うことにはどのような意味合いがあるのでしょうか。
今回はその背景を書いてみます。
スポンサーリンク

来日初日は夏場所千秋楽

来日初日の5月26日は、東京都墨田区の両国国技館での夏場所千秋楽(最終日)を迎えます。
この日は優勝力士の表彰やパレードも実施される日で、新元号になって最初の本場所ということで注目度も段違いになることが予想されます。
それにしても、来日予定日が千秋楽と被るなんてすごい偶然ですよね。
もしかしたら、どちらかの政府は最初から千秋楽でなにか記念になるようなことをしようと考えていたのかもしれません。
外交上のことなので、それくらいの思惑があってもおかしくないですよね。
スポンサーリンク

どこで見るの?

報道によると、1階のマス席などを利用する場合には、警備の人のスペースが必要になるようです。
そんなに大人数で、しかも(イメージは)黒服の屈強なSPたちがそんなところにいたら風情がないですよね。
そのため、天皇、皇后両陛下の「天覧相撲」などで使う2階の貴賓席を使うことも検討されているようです。
大相撲ファンとしては、1階で力士たちのぶつかり合いを間近で見て、その熱量を感じてほしい気持ちも大きいですが、警備上のことなら仕方がないですよね。
万が一、金星が出て舞った座布団がトランプ大統領の頭に当たるようなことがあったら・・・。そう考えると、貴賓席がいいのかもしれません。
スポンサーリンク

内閣総理大臣杯って何?トランプ大統領の狙いは?

総理大臣杯は、幕内最高優勝力士に渡される賞で、トロフィーの重さはなんと40キロ
高齢とはいえ、体も大きく頑丈そうなトランプ大統領なら重くて持てないということはなさそうです。
通常は首相である安倍晋三内閣総理大臣本人や官房長官が渡すのが通例です。
では、そんな賞を今回トランプ大統領が授与役を担おうとする狙いはいったいなんでしょうか。
シンボリックな行動を好むトランプ氏側は、国技での表彰が日米の友好関係を強調できる格好の場面だと判断したとみられる。政府関係者によると、希望は総理大臣杯の授与役として伝えられたが、米政府側からの特別表彰という方式を取る案も検討されているという。(出典:https://www.sankei.com/)
5月場所は元号が令和に変わっての最初の興業です。
確かに、そんな記念の場所でトランプ大統領が内閣総理大臣杯を授与したら話題になりますよね。
また、内閣総理大臣杯の授与はまだ決定ではなく、特別表彰などの形になるかもしれないようです。いずれにせよ、かなりのレアケースであることは間違いないでしょう。
スポンサーリンク

警備上の懸念は

国技館のキャパシティは11000人です。幕内力士の取り組みでは、この会場が簡単に満席になってしまいます。
全員の持ち物検査などはできないため、どんな人物が紛れ込むかもわかりません。
先述のとおり、座布団が舞う可能性もあります。
警備は難しそうですね。
スポンサーリンク

過去にはさまざまな海外の大物も観戦

これまでも数々の大物外国人が相撲観戦をしてきたようです。
例えばイギリスのチャールズ皇太子とともに来日したダイアナ元妃。寬仁親王殿下、妃信子さまと一緒に夏場所初日を観戦しました。
アメリカの女優のシャロン・ストーンさんも約10年前の秋場所に訪れています。
また、近年では元ビートルズのポール・マッカートニーさんが九州場所を見に来たそうです。
これからも数多くの外国の要人や著名人にも愛される国技となってほしいですね。
スポンサーリンク

まとめ

土俵で優勝力士にトロフィーを手渡すトランプ大統領の姿を想像すると今から楽しみです。
まだ検討段階のようですが、ぜひ実現してほしいと感じました。
大相撲は日本の国技として、日本中で愛されています。
外交上の作戦かも知れませんが、これがきっかけにトランプ大統領が相撲ファンになるだけでなく、
アメリカの人たちも大相撲に興味を持ってくれたらと願うばかりです。
このブログは開設から10日で広告収入を得るためのgoogleアドセンス取得。 そこから30日で170,000PVを集めました。収益は初月から50,000円以上です。 運営者のこぶたんは普通のサラリーマンです。 日中は仕事ですが、短期間でこの数字を達成しました。 また、ブログと別にネットビジネスで月に20万円以上の副収入を得ています。 稼ぐためのノウハウを別サイトで公開してきましたが、 このブログに来てくれた方に発信しようと思います。 Add Friend 興味がある方は、LINE@に登録してみてください🐷

コメント

  1. […] トランプ大統領が総理大臣杯授与?大相撲5月場所観戦で異例の外交策 […]

タイトルとURLをコピーしました